福岡県に障がい者差別を禁止する条例をつくる会

活動報告書一覧

権利条約講演会

2014年02月11日

○学習会報告「障害者の権利条約と差別禁止条例について」

平成26年2月10日115名の参加者を得て、「障害者の権利条約と差別禁止条例について」と題して熊本学園大学特任教授河野正輝氏による講演がふくふくプラザにて行った。

2014年1月20日に批准、2月19日から国内法として効力を生ずることになった障害者権利条約は人権条約であり、障害者基本法や障害者差別解消法等、既に批准に向けた取り組みの中で国内法の制定や改正に影響を与えている。

河野先生の講義をなぞることはとても紙幅の関係でできないが、
1.従来の自由権や社会権の解釈だけでは理解できない「合理的配慮」の考えが加わった点
2.障害者を保護の客体としてきた法制度を当然人として誰にも保障されている権利の主体として捉え直すこと
3.パーソナルアシスタントの導入や自己管理型支援制度が今後の検討課題に上ること

等が講演の中で印象に残った点である。

最後に先生が言われた「障害者運動とともに発展する障がい法」という言葉は「福岡市に障がい者差別禁止条例をつくる会」の我々に対するエールとして捉えて活動を促進していきたいと思った処です。