福岡県に障がい者差別を禁止する条例をつくる会

活動報告書一覧

「福岡市に障がい者差別禁止条例をつくる集い」開催

2014年04月18日

~差別体験事例アンケート収集スタート~
平成26年4月16日(水)福岡市市民福祉プラザ・ホールにおいて、同集いを開催しました。市内の障がい当事者・家族・関係者を始め、市議会議員、弁護士など188名が集まり、差別体験の実態把握などについて学びました。

最初に基調講演で「障害者差別禁止条例づくりと差別体験事例」と題して、甲田 裕氏(長崎県手をつなぐ育成会会長)より長崎県の条例ができるまでの経過や条例の特色、これからの課題などについてお話をいただきました。続いて意見表明では、当会の世話人や保護者から、差別の実態や暮らしにくさ、親亡き後の問題などが提起されました。最後に5月からスタートさせる差別事例収集の取組み方についてアンケート実施委員会から説明を行いました。

今回の集いには平日にもかかわらず、たくさんの方にご参加いただき、これから始める差別体験事例収集作業に大きな弾みをつける良い機会となりました。

いよいよつくる会も本格始動して、最初の大きな山場を迎えます。